マメ科 [Fabaceae]

マメ科の植物の根には、根粒菌が共生していて、地中にあるチッ素を取り込んで、植物が利用できるようにしてくれます。
なので、マメを育てる場合には、それほど肥料はやらなくていいヽ(^。^)ノ♬と思われがちですが、チッ素以外の養分は、しっかり必要になります。
(まれに、根粒菌がまったくいない土もあり、その場合は土壌散布用の根粒菌を買うこともできますが、種ごとに菌もちがうので、ダイズならダイズ用の根粒菌を入れなければなりません。)

さらに、土質の好みや、連作障害、エダマメのカメムシ・・・などなど、割と面倒な点も多々あり、とりたてて栽培がラクチンという訳ではないと思うんですけどね。。。

●チッソの過剰はNG。ただし、カリウムは必要。草木灰などをいれるといいみたい。酸性土に強いわけではないので、中和(おまじない?)を兼ねて灰を振るとよい。
●ラッカセイは豆が土の中にできるので、硬い土は向かない。腐葉土をたっぷり入れれば粘土質でもできる。
●エンドウなどは、特に連作を嫌う。栽培のあと、4~5年は空けろといいますね。他の豆類も、連作はよろしくない。
●エダマメでは、防虫は必要。幸い株丈は大きくないので、夏の間は防虫ネットですっぽり覆ってしまいましょう(虫が出てくる前に覆う)。
●肥料分を入れなくてもいい、というわけではない。草木灰はもちろん、他の野菜同様、苦土石灰や堆肥は必要。元肥に多少の配合肥料を入れてもいいかも。

■分類

マメ科
原産地
ダイズ ダイズ(エダマメ・チャマメ) 中国北東部~シベリア
ラッカセイ ラッカセイ 南米
エンドウ スナップエンドウ 地中海(近東)
ソラマメ ソラマメ 地中海~西南アジア
インゲン インゲンマメ 南北アメリカ
ササゲ アズキ 東アジア

1.エダマメ → こちらへ

私の家族も大好きなので、毎年必ず栽培してます。毎度毎度、出来不出来があるのですが、それだけ奥の深い野菜なのでしょう。
栽培時期としては、早生(春先に播種⇒6月に収穫)、中早生(5月中に播種⇒7月中に収穫)、中晩生・晩生(ダダチャマメ、7~8月に播種⇒9~10月に収穫)の3パターンで作っています。
味覚は人それぞれですが、ダダチャマメが一番オイシイというイメージながら、私が作ったものは6月収穫がいちばん美味でした。真夏は虫害がひどいこともありますが、やはり、開花から豆が熟すまでの気候が暑すぎるせいで甘さが落ちるのだと思います。

2.ダダチャマメ → こちらへ

東北・山形あたりで栽培される、とっても甘くて美味しいエダマメです。地域性の強い品種で、他の地方ではうまく育たないのかもしれませんが、だからこそ、なんとか東京で作れないか。。。と奮闘しておりますが、2015,2016,2017年とも、すべて失敗に終わっています。
もちろん、2018年も懲りずにやりますよ(笑)
今までの無知さゆえやってこなかったのですが、土寄せと摘芯を今年はやってみようかと思います。

3.ラッカセイ → 写真館へ

4.エンドウ

工事中ですm(_ _)m

5.ソラマメ

工事中ですm(_ _)m

4.5坪の区民農園で、ゆる~く半農半Xしてます