区民農園2015

区民農園の最初の1年めを、時系列で記録しています。
篠崎の区民農園に引っ越して、最初の年です。
2012~13年にかけての区民農園、大泉「風のがっこう」、そしてボランティア研修農園の成果を発揮できるのでしょうか・・・

区民農園の区画は3m×5m(15㎡、4.5坪)ですが、こちらを最大限有効活用することを目標にしました。

1.春~夏編

外れた前年の恨みをはらずべく、当選!!(倍率が低かったのもありますが)
外れた前年の恨みをはらずべく当選!(倍率が低かったのもありますが)
4月3日撮影。新年度の利用は4月からです。マイ区画で準備中
4月3日撮影。新年度の利用は4月からです。マイ区画で準備中

さて、肝心なレイアウトをどうするか?
4.5坪の1区画ですから、スペースに余裕がありません。
一度ミスすると、あとあと影響してしまうので、レイアウト決めは薄い脳ミソで慎重に慎重を重ねます。
でも、これがまた、狭い場所での栽培の醍醐味でもありますね。

今回新たに導入したこの本は、かなりヒントをくれました。150403_212406

多くの参考書は正論なんですが、この本は、逆に、密植する例としても参考になります。
ですので、株間や条間などのミニマムサイズを考えるときの参考になります。
これって、すごく助かるんですよね。

ただ、実際にやってみると、「思った以上に株が茂った」なんてことも・・・
その際たる例が「サトイモ(セレベス)」でした。
そのせいか、隣に植えたナスは、ほとんど、育ちませんでした^^;

春から夏への植え付けレイアウトは、こんなのを考えてみました。
春から夏への植え付けレイアウトは、こんなのを考えてみました。

■ 畑の様子 春~夏編

2.夏~秋編

以下は、おもに盛夏の頃の栽培の様子です。
収穫も迎えますが、むしろ、整枝やわき芽掻きなどの日常管理が多く、枝葉も茂るので、面倒この上ないです。
春や秋に多い、幼虫による葉の食害よりは、もっと大胆な虫たちとの闘いがタイヘンになります(>_<)

↓ こちらが、夏の植え付けレイアウトです。レイアウト夏small

■ 畑の様子 夏~秋編

3.秋~冬編

秋から冬にかけての、栽培の経過をまとめました。
秋蒔きは、春同様、葉を食べる虫たちとの闘いが待っています。

こちらが、秋作以降のレイアウトです。
こちらが、秋作以降のレイアウトです。

■ 畑の様子 秋~冬編

4.5坪の区民農園で、ゆる~く半農半Xしてます